帽子制作のこだわり

帽子制作でこだわっていること、まずはフォルムが美しいこと。フォルムだけが美しいということではなく、かぶる人が美しく装えることが前提条件。
そして、かぶっているのを忘れる程心地よい、かぶり心地の良さの追求です。
輸入された帽子に頭をあわせるのではなく、日本人の頭の形、骨格を考えてフォルム出しをすること。
そして、帽子の流行がそのままがファションの流行だった時代と違い、現代の帽子に大きな流行はないのですが、時代の空気感を読み、今の洋服とのコーディネートを考えた帽子を提案すること。
今の洋服や着こなしのバランスを考えれば、同じベーシックなデザインでも 昔の帽子とは決定的に雰囲気が違う。
ちょっと目にはわかりにくくても、ブリム(つば)の幅、クラウンの高さ、被った時の深さが
フォルム出し、パターンへのこだわりという形になって表現できるように、自分の技術だけに固執しないように、日々研鑽です。

2012 春夏の新作コレクションは、 外苑前のサロンにて~。
Salon サロン~ドラマティックな3日
3月30日(金曜日)~4月1日(日曜日)
11時30分 ~19時30分(日曜日18時30分 
AOYAMA サロン 港区南青山2-29-9-804
 詳しくはExhibitionをご覧ください。
 まずはかぶり心地の良さを実感しに来て下さい。

« 前の記事へ | はっとこらむ 記事一覧 | 次の記事へ»